購買部門の課題を解決

出張前

課題
  • 最適運賃との照合
  • 出張規程との照合
  • 手配フローのモニタリング
問題
  • 契約料金が最適運賃だという方程式は事実なのでしょうか。
答え
契約料金=最適運賃ではございません。
最適運賃とは現状把握・分析・課題抽出を行い、御社に適した料金設定を見つけ出すことが大切です。シェアコントロール、同業他社比較などさまざま角度から見ることが重要です。

出張後

課題
  • 渡航実績の分析
問題
  • 複数の代理店を利用しているため出張データが分散していませんか。
  • データは蓄積しているが、データ分析のノウハウが限られているためコスト削減方法にお困りではないですか。
答え
渡航実績の分析(利用路線、利用航空会社、利用クラス、券種、利用頻度)は企業様の出張費の削減に大きく寄与します。たとえば、利用頻度の多い路線などはデータをもとに航空会社と交渉を行い、企業様の専用料金を取得することも可能です。コスト削減に加えて、出張者様にとって出張の快適性が向上します。

出張後

課題
  • 定期的な購買フローの見直し
問題
  • 比較検討の上、1社を選定している=購買フローに穴はないと思っていませんか。
答え
旅行業界も他業種と同様、新しいサービスやシステムなどが続々と誕生しています。そうしたトレンドにそった購買フローの構築が必要です。定期的に現状のサービスと他サービスを比較検証していくことが更なるコスト削減と手配効率のアップにつながります。

課題解決ソリューション

海外出張規定をとりまく環境

手配過程と購買結果の可視化

この資料では海外出張規定を取り巻く環境の変化と、その運用におけるコスト・フロー・ガバナンスと問題点、マネジメントによる具体的な対策例についてまとめています。

ご質問、ご相談、資料請求はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ