人事部門の課題を解決

出張前

課題
  • 出張申請書の受領
  • 出張先安全情報の収集
問題
  • 出張先安全情報の把握は出張者本人に任せきっていませんか。
答え
使用者として、労働者の生命、身体の安全を確保できる環境を整えることも企業様の大事な役目です。企業として情報提供・危機管理規定・レベル別アクションの設定など事前設定をしておくことが大切です。

出張中

課題
  • 出張者の安全確認ならびに治安情報の収集
問題
  • 出張者が多数いる場合、全員の安全確認や出張先の治安状況などを把握できていますか。
  • 出張先の治安情報の収集に時間を割くことにより、本来の業務がおろそかになっていませんか。
答え
外務省の事前登録メールマガジンなどが便利です。また、システムの導入により出張先の安全情報は自動的に出張者に流れる体制の構築が可能です。システムにより出張者の現在地を簡単に確認できます。

出張後

課題
  • 出張規定の見直し
問題
  • 長年出張規定の見直しをしておらず、出張者にとって不利な条件になっていませんか。
  • 見直し時に自社以外の出張規定との比較対象となる情報入手にお困りではないですか。
答え
数々の企業様の出張規定を把握している我々を通すことで、出張者様にとって最適であろうアドバイスを提供します。

課題解決ソリューション

海外出張における企業の安全配慮義務

海外出張における企業の安全配慮義務

使用者には労働者が安全に労務提供出来るように環境を整備する責任があります。大切な社員が事件・事故・自然災害に巻き込まれたら企業としてどのような損失が生じるのでしょうか。

※『安全配慮義務チェックシート』付属

ご質問、ご相談、資料請求はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ