経理部門の課題を解決

出張前

課題
  • 旅行代金明細の確認
  • 出張予算の確認
問題
  • 出張件数の増加によって旅費予算と規定との照合作業が手間になっていませんか。
  • 出張旅費が社内規定に準じているか漏れなく確認をされていますか。
答え
出張規定を代理店(or 弊社)と共有することで、ガバナンスの強化をはかり、経理部門の作業効率化のお手伝いをします。

出張後

課題
  • 出張精算書の受領・規定との照合
  • 旅行代金の精算
問題
  • 提出された領収書(精算書)の項目をひとつひとつ出張規定に準じているか照合をしていくのは膨大な手間ではないですか。
  • 出張者の提出した精算書を基に精算作業を行います。個人立替が生じた場合の返金は、コンプライアンスの重要性が叫ばれている現在に適合していますか。
答え
ひとつの出張といっても航空券、宿泊代、タクシー代など様々な費用が発生しています。それらを一つずつ出張規定に照らし合わす作業を軽減しませんか。
出張規定を代理店と共有することで、出張者が航空券やホテルの手配時に規定外のものを取ってしまう事態を防ぎます。その結果、精算時に経理部が規定と照合する手間が大幅に省かれます。
代理店を通すことで請求は必ず会社請求となるので、前払いによる立替金が発生することを防ぎます。

課題解決ソリューション

旅行会社への支払い処理に無駄な時間を費やしていませんか?

精算処理の時間短縮術

“精算処理の時間”も大切な社員の時間であり、削減しなければならないコストの一つでもあります。本資料は、最適な精算方法に導く為の第一歩となります。

ご質問、ご相談、資料請求はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ