なぜ働き方改革が進んでいるのか

働き方改革って?

日本政府が進める「働き方改革」。
日本の労働人口が減少傾向にある現在、労働生産性を改善させるための最良の手段として考えられています。

働き方改革で何が変わる?

例えば在宅勤務やサテライトオフィスでの勤務など、働く方のライフスタイルに合わせて勤務体系が選択できる時代になると考えます。
会社に行かなくても同じ仕事が、自身の都合に合わせて行える環境が整いつつあります。

課題点は?

会社にいるのと同じ仕事ができる環境づくりは最大の課題点ではないでしょうか?
環境整備は、近年のIT進化を考えれば容易はこととは思いますが、会社全体での仕組みづくりが必要であると考えます。

充実した生活を

働く事に対する考え方を大きく改革する試みです。
今までの慢性的な長時間労働や有休取得率低下などは、多くの人が仕事ができる環境が整えば改善されるはずです。
心身ともに充実した豊かな生活を送るためにも、みなさんの「働き方」を改めて見直すのもいかがでしょうか?

最後に

適切な労働時間で働き、ほどよく休暇を取得することは、仕事に対する社員の意識やモチベーションを高めるとともに、業務効率の向上にプラスの効果が期待されます。
社員の能力がより発揮されやすい環境を整備することは、企業全体としての生産性を向上させ、収益の拡大ひいては企業の成長・発展につなげることができます。

他方、長時間労働や休暇が取れない生活が常態化すれば、メンタルヘルスに影響を及ぼす可能性が高くなり、生産性は低下します。
また、離職リスクの上昇や、企業イメージの低下など、さまざまな問題を生じさせることになります。
社員のために、そして企業経営の観点からも、長時間労働の抑制や年次有給休暇の取得促進が求められているのです。

厚生労働省 働き方・休み方改善ポータルサイトより引用


更新:2017年6月19日

ご質問、ご相談、資料請求はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ